違法収集排除法則

犯罪事実を根拠付ける証拠が、捜査機関の違法な手続によって収集された場合に、当該証拠を裁判から排除しなければならないという理論をいい、法律上明文化はされていませんが、判例によって採用されています。この根拠は、違法収集証拠を排除することによって捜査機関の違法な手続を抑止して適正手続の保障を図ることにあります。
判例上は、令状主義の精神を没却するような重大な違法があり、これを証拠として許容することが、将来の違法な捜査の抑制の見地からして相当でないと認められる場合に排除法則が適用されるとされております(最高裁判決昭和53年9月7日)。

アクセス

小田急町田駅徒歩3分

東京都町田市原町田6-18-13
サニーサイドビル4階(map

交通

電車でご来所の場合

  • 小田急町田駅南口より徒歩3分。
  • JR町田駅北口より徒歩4分。

債務整理 無料法律相談

債務整理の相談は必要な限り何度でも無料

刑事事件 無料法律相談

刑事弁護特設サイトをご覧下さい

交通事故 無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします

刑事事件

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談をご利用下さい(24時間受付)をご利用下さい。