どういう場合に具体的に免責不許可事由ありと裁判所に判断されるのでしょうか?その場合には常に免責不許可―債務免除とならなくなるのですか?

借入の使途がギャンブルとか浪費とか正当な理由がない場合には免責不許可事由ありとされます。また、特定の債権者だけに弁済期前に支払っていた場合には債権者平等の原則に反する偏頗弁済として免責不許可事由ありとされます。弁護士の受任通知発送後に借入をしたりカードでショッピングした場合も詐欺的な行為として免責不許可事由ありとされます。これ以外にも財産隠匿があった場合や管財人に協力をしなかった場合にも免責不許可事由となります。
もっとも、免責不許可事由がある場合でも、その後の破産者が反省しており同じことをすることはないなどと管財人そして裁判所が判断した場合には裁量免責として債務免除がなされます。免責不許可となったのは極めて悪質な場合と考えてよろしいと思いますが、だからといって免責不許可事由となる行為を取られないよう御願い致します。

アクセス

小田急町田駅徒歩3分

東京都町田市原町田6-18-13
サニーサイドビル4階(map

交通

電車でご来所の場合

  • 小田急町田駅南口より徒歩3分。
  • JR町田駅北口より徒歩4分。

債務整理 無料法律相談

債務整理の相談は必要な限り何度でも無料

刑事事件 無料法律相談

刑事弁護特設サイトをご覧下さい

交通事故 無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします

刑事事件

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談をご利用下さい(24時間受付)をご利用下さい。