子である被疑者に余罪があると担当刑事から親である私が聞かされているのですが、どう対応したらいいのでしょうか。

余罪すべてが立件されることにはなりません。基本的には被害届がで出ていて犯行が裏付けられるものを立件することになります。捜査方針との兼ね合いで、余罪についても立件予定のものについて示談案件ならば示談を取り付けて不起訴処分にもっていき、本罪だけでの起訴にして追起訴がされないようにすることが弁護方針となります。もっとも、立件予定のもの以外もすべて示談を取り付ける方が好ましいことは確かです。

アクセス

小田急町田駅徒歩3分

東京都町田市原町田6-18-13
サニーサイドビル4階(map

交通

電車でご来所の場合

  • 小田急町田駅南口より徒歩3分。
  • JR町田駅北口より徒歩4分。

債務整理 無料法律相談

債務整理の相談は必要な限り何度でも無料

刑事事件 無料法律相談

刑事弁護特設サイトをご覧下さい

交通事故 無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします

刑事事件

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談をご利用下さい(24時間受付)をご利用下さい。