子が逮捕に引き続いて勾留されてしまいました。接見禁止がついているため、親である私たちは面接できません。こういう場合どうすればいいでしょうか?

弁護士は勾留に接見禁止がついていても、弁護人に選任されれば、被疑者として勾留されている本人に接見することができます。接見のときに、親の伝言や本人の親への伝言などを弁護人を通じて伝えることはできますが、捜査妨害に当たるような伝言の取り次ぎはできません。通常、被疑者の親は被疑事実に関与している可能性は多くの場合にはないことから、弁護士に依頼して接見禁止解除の申立を裁判所に行えば通常は接見禁止解除され、接見できることが多いとお考えください。

アクセス

小田急町田駅徒歩3分

東京都町田市原町田6-18-13
サニーサイドビル4階(map

交通

電車でご来所の場合

  • 小田急町田駅南口より徒歩3分。
  • JR町田駅北口より徒歩4分。

債務整理 無料法律相談

債務整理の相談は必要な限り何度でも無料

刑事事件 無料法律相談

刑事弁護特設サイトをご覧下さい

交通事故 無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします

刑事事件

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談をご利用下さい(24時間受付)をご利用下さい。