被疑者、被告人以外に誰が弁護士を弁護人として選任できるのですか?

被疑者、被告人には当然弁護人選任権がありますが、それら以外にも被疑者・被告人の法定代理人、保佐人、配偶者、直系の親族、兄弟姉妹は独立して弁護士を弁護人として選任できます(刑事訴訟法30条2項)。もっとも、弁護人(弁護士)の人数は被疑者の場合には原則として3名まで(刑事訴訟法35条、刑事訴訟規則27条)、被告人の場合には原則として弁護人(弁護士)の人数は制限されませんが、特別の事情があるときは3人まで制限することができることになっております(刑事訴訟法35条、同規則26条)。

アクセス

小田急町田駅徒歩3分

東京都町田市原町田6-18-13
サニーサイドビル4階(map

交通

電車でご来所の場合

  • 小田急町田駅南口より徒歩3分。
  • JR町田駅北口より徒歩4分。

債務整理 無料法律相談

債務整理の相談は必要な限り何度でも無料

刑事事件 無料法律相談

刑事弁護特設サイトをご覧下さい

交通事故 無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします

刑事事件

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談をご利用下さい(24時間受付)をご利用下さい。