時効の援用

貸金業者からの借入債務は、最終取引日から5年が経過した時点で消滅時効が完成します。

しかし、5年が経過した時点で自動的に返済義務が消滅するわけではありません。

貸金業者に対して、消滅時効の完成を主張する意思表示(時効援用の意思表示)を行う必要があり、意思表示をして初めて債務の支払を免れることができます。

この意思表示は、後日の紛争を避けるために、配達証明付き内容証明郵便で行うのが通常です。

ただし、時効期間において、債務の一部返済や債務の承認をしていたり、債権者が判決等の法的手続をとっている場合には、時効が中断しますので、その時点から再度5年(判決等の場合は10年)が経過しないと時効は完成しません。

  • 痴漢・盗撮弁護特設サイト
  • 債務整理総合相談室
  • 交通事故・弁護士相談室
  • 離婚相談特設サイト
  • 刑事弁護
  • 相続相談
  • 法人破産特設サイトオープン
  • 少年事件相談室

アクセス

小田急町田駅徒歩3分

東京都町田市原町田6-18-13
サニーサイドビル4階(map

交通

電車でご来所の場合

  • 小田急町田駅南口より徒歩3分。
  • JR町田駅北口より徒歩4分。

債務整理 無料法律相談

債務整理の相談は必要な限り何度でも無料

刑事事件 無料法律相談

刑事弁護特設サイトをご覧下さい

交通事故 無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします

刑事事件

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談をご利用下さい(24時間受付)をご利用下さい。